【旅】乳頭温泉 その12011/02/27 22:52

どうも、みなさん、たれまさです。


とっても久しぶりのUPです。


今回は、憧れの秘湯「乳頭温泉」へ行ってきました~~。

白濁+雪景色(+混浴) 

最高に癒されました。


人気のある温泉という事が、とっても良く解りましたね~。


同行した、通信大学時代の友・2名と共に、3人とも晴れ女との事。

両日、晴天に恵まれ、風もなく、風景に反して、春のような暖かい日差しとなりました。天気って重要よね。


東京駅で、友人と待ち合わせ。
秋田新幹線「こまち」に乗車します。

こまち

ちょいと久しぶりの再会で、色々と積もる話をしていたら、あっという間に宇都宮も福島も過ぎていた様子。

こまちは、東京、上野、の次は、いきなり仙台にしか止まりません。


仙台では、大切なミッションが待ち受けていました。

そう。駅弁ゲット。

えきべん

なんと、前日のお弁当屋さんにオーダーしておいたら、乗車してる号車の入り口までホーム内に入ってきてくれての配達です。

なんと、まあ、便利な世の中になりましたねぇ。

この後、岩手から参加の友人が、盛岡から乗車するまで、駅弁はお預け。(笑)
せっかくだから、3人で向かい合って食べたいじゃないですか。

こまちは6両編成くらいあるのに、往路も復路も、たままた同じ号車の予約がとれた友人。こりゃー偶然にしても、なんかメデたくてイイネ。


盛岡から、秋田新幹線こまちは、在来線の線路を使っての走行になります。

高架の上じゃないから、急に景色が親しみやすくなった気がします。

すぐ真横に雪~。
地形から察するに、あきたこまちの田んぼかしらん?

ふうけい

盛岡から、停車駅の田沢湖まで、なんと、たったの30分!
向かい合ってお弁当を食べつつ、再会のよろこびをかわしつつ、撮影をしつつ、超いそがしく。。。。


山を超え~
やま

谷、じゃなくって、川を越えると、、、

かわ


田沢湖駅、到着です。

とってもキレイな駅ですね~。

えき

駅前はのどかな風景です。山もきれいですね~。空気が違う。

えきまえ

駅からは、1時間1本の、路線バス。

田沢湖を経由します。
たざわ湖

ガードレールや松の奥が、日本一深い田沢湖です。

確かに、水の色が違います。青と緑なんですけど、いずれにしろ深~いい感じがでていました。周りの山が湖水に映りこんでいて、とても美しい風景だったのですが、残念ながら、カメラには収められませんでしたねぇ。

そう思うと、ほんと、人間のレンズ(目)ってすごいよね。



深く埋まるバス停なんぞを激写したり、、、

バス停

一面の銀世界を何枚も何枚も撮ったりして、

ぎんせかい

途中の中継地で下車し、宿の送迎バスに乗り換え、いよいよ、、、




憧れの「鶴の湯」ですー。(感激。泣)

つるのゆ

つづきは、また次回。まだまだ続くよー。

【旅】乳頭温泉 その2 お宿:鶴の湯2011/02/28 22:51

どうも、みなさん、たれまさです。


それでは、さっそく続きと参りませう。


憧れの宿「鶴の湯」に到着です。
http://www.tsurunoyu.com/

こちらの、白濁の混浴露天は、CMなどに使われたりしているので、なんとなく見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。


前回の記事のラストの写真に(正面からの入り口ですね。)あった表札というか、看板を通り抜け中に入ると、左手に茅葺屋根、右手にも屋根こそ普通ですが、情緒のある湯治場を思い出させるような建物。
また、こんもりと積もった雪の中は、ミニかまくらとなっており、夜になると蝋燭の火が点され、街灯のようになります。
風情たっぷりですね。


うけつけ

奥の建物に到着です。右手がフロント。フロントというより、まるで番台のようでした。



敷地内のかわ
敷地内、裏手には川が流れており。これまた情緒を増しております。

てんねん冷蔵庫

フロントには、天然の冷蔵庫。冷え冷えの水が、ジュースなどを冷やしております。


フロント(番台)の奥に、「秘湯を守る会」のちょうちんです。
その脇の暖簾や、奥のポスターも、ほんとに、れとろ~なかんぢですね~。

秘湯の会ちょうちん


さて、鍵を頂き、さっそく私たちの泊まる部屋へ。3号館の2階です。

3ごうかん


踊り場に差し込む日差し。
外は雪景色一色ですが、差し込む日差しは春のごとく、まぶしかったです。

おどりば

シンプルで、味わいのあるお部屋です。
ライトがかわいいです。(紐になにかが。。。。笑)

部屋は暖房がきちんときいており、温かかったです。
正直、湯治場みたいな感じなんだろう(トイレ・洗面所は共有)と、覚悟していましたが、いたってフツーな宿のようです。

ついでに言うと、トイレはウォシュレットで、便座あたたかだったし、洗面所もすぐにお湯が出て、ちょっとホっとしたりしました。(笑)

レトロなおへや

この雰囲気では、当然、カードキーや、オートロックなんてないし、冷蔵庫はもちろん、セイフティボックスなんかありません。

で、みつけたのが、「御貴重品袋」

おおおう。レトロ~。

せっかくなので、利用してみました。封筒にサイフ等をいれて、シールで封印。
で、フロント(番台)に帰るまで、お預け。

れとろな金庫

さあ、日の高いウチに、散策+撮影です。

見てください、このツララ。いかに雪深いがお分かりでしょうか。。。

つらら

夕方で閉まってしまうので、敷地内の「鶴の茶舎」にて、一服。

きっさ
おしることか、
しるこ
甘酒とか、
あまざけ

あったまります~。(^^)

露天いりぐち

さあ、これまた、日の高いうちに、露天風呂へ。

続きはまた次回~。だらだら続くよ~。